鯛も一人はうまからず - 青森ランチ

豪華な食事も1人で食べても美味しくない。身近なところにみんなで行くから美味しいんです♪

【父ちゃん手料理】コンビニのゆで卵を再現したい(塩麹と麺つゆ)


毎日更新するモチベーションになります(TT)ご覧になる前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ


f:id:brachiodesign:20171217092011j:image

コンビニで売ってるゆで卵って美味しいですよね。絶妙な塩加減と黄味の半熟具合。

あれを自宅でも再現できないものかなと思ってやってみました。

 

では、さっそく。

 

まずは半熟卵を作ります。

 

f:id:brachiodesign:20171217092032j:image

お湯沸かしめっちゃ沸騰させる。

 

f:id:brachiodesign:20171217092104j:image

 

卵を入れますが…

沸騰したお湯の中に入れる時は、オタマとかに乗せてゆっくりと。

いきなりドボンは温度差でヒビ入ってしまいます。

 

f:id:brachiodesign:20171217092303j:image

 

私がいつも作る場合は、沸騰してからお湯に入れて大体6〜7分。このパターンが半熟になるようなので。

 

水の状態から卵入れて沸騰させて作る方も多いかと思いますが、私は上手く半熟にできずに黄味に火が通り過ぎてしまうので…

 

f:id:brachiodesign:20171217092934j:image

 

時間が経ったら水を入れて1分くらい放置。この間にも余熱で少しずつ火が通っていってちょうどよく半熟になるらしい。

 

f:id:brachiodesign:20171217093609j:image

 

続いて味付け。塩麹バージョン。

ビニール袋に殻を剥いた卵を入れて、塩麹をまぶします。

 

f:id:brachiodesign:20171217093708j:image

 

こんな感じに。

袋に空気が入らないようにしながら結んで終わり。

 

同じように麺つゆバージョンも。

 

f:id:brachiodesign:20171217093833j:image

 

上の黒い液体に浸かってるのが麺つゆバージョン、それ以外の2種は塩麹バージョン。

 

塩麹バージョンを2つ用意したのは浸ける時間を変えるためです。

塩麹バージョン1つと麺つゆバージョンは夜に浸けて朝に食べる分。

残りの塩麹バージョンは1〜2週間浸けると味が深まるらしいので試験的にやってみます。

 

このほか、卵の殻をつけたまま塩水に浸けたバージョンもやってみます。

 

f:id:brachiodesign:20171217094150j:image

 

卵が入るくらいのコップに水を入れて、溶けきらなくなるくらいに塩を入れます。

しょっぱそうな気がしますが、殻をつけたままの卵を入れるので大丈夫です。

 

f:id:brachiodesign:20171217094253j:image

 

卵を入れてひたひたになるくらいにしてラップして冷蔵庫へ。

 

塩麹と麺つゆバージョンも同じく冷蔵庫へ。

 

 

—— 一晩放置 ——

 

塩麹バージョンを輪切りに。切り方はなんでも良いです。

 

f:id:brachiodesign:20171217094617j:image

 

 麺つゆバージョンも輪切りに。

良い感じの色になってますね。燻製卵みたい。

 

f:id:brachiodesign:20171217094704j:image

 

今回、卵の煮る時間が足りなかったみたいで、半熟の一歩手前くらいのトロトロになってしまいましたが美味しくできました。

 

麺つゆバージョン一晩浸けるとしょっぱいですね。朝浸けて、昼食べるくらいが良いのかな。

 

f:id:brachiodesign:20171217094749j:image 

 

逆に、コップに殻付きのままのバージョンは浸け込みが足らなくて、味があまりしなかったので、こちらは丸一日くらい浸けても良いかもです。

 

コンビニのゆで卵に近いのは塩麹。麺つゆのは見た目が美味そうに見えるので浸ける時間を調整するとしょっぱ過ぎずに楽しめます。

最後までお読みいただきありがとうございます。ブログランキングに参加しておりますので、ほんのちょこっとポチッとしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ