【おにぎりの具】たまご味噌が美味くてご飯がもっと欲しくなる。

青森ランチブログ:20200612105549j:image

 

毎日おにぎりを作るのですが、中に入れる具に困ります。定番の梅干し・筋子・たらこ・サケ・シーチキンなどなど駆使するわけですが、毎日作るとなるとたまに違うものを作りたくなります。

 

さらにいうと、手間をかけずにサクッとできるものが好ましくてクックパッドで「おにぎり 具 簡単」と探してみたりしています。

 

 


—[PR]—————

 

—————[PR]—


 

今回は、比較的簡単にできて美味しかった「たまご味噌」をご紹介します。

 

作るのにかかった時間は5分程度。たまごを事前に溶いたりせずにそのまま突っ込むので、洗いものもフライパンと箸だけなので手間は少ないです。

 

意外と作るのが簡単でも洗いものがたくさん出るレシピってあって、朝の時間ない時だとダメなんですよね。。。これは大丈夫です。

 

 

まずは材料から。

  • 生たまご:2個
  • 味噌:大さじ2くらい?
  • 砂糖:小さじ1/2くらい(適当です。2つまみくらいで十分な気がします。)
  • 酒:小さじ1くらい(これも適当に。)

目分量で適当に作っているのでなんとなくこんな感じです。ちなみに、おにぎり1個に入れる具材であれば生たまごは1個で十分です。味噌も大さじ1くらいで足りると思います。

 

作ってみましょう。

フライパンをあたためて、サラダ油を入れます。

青森ランチブログ:20200611200843j:image

 

軽く温まる感じでいいと思います。

あまりにも熱々にすると味噌がそっこーで焦げます。

青森ランチブログ:20200611200859j:image

 

味噌を適当に入れました。

たぶん大さじ2くらいだと思いますが、何度か作りながら味の濃さは調整するといいかと思います。

青森ランチブログ:20200611200829j:image

 

油と味噌を絡ませていきます。

火の加減は中火くらいですかね。ここでしっかりと油と絡ませるのがコツらしいです。

青森ランチブログ:20200611200851j:image

 

砂糖と料理酒を入れます。

ここから少し注意しないと焦げやすくなります。

青森ランチブログ:20200611200854j:image

 

すさまじい香ばしさ。

これは絶対うまいに決まっている!!!と思いながら味噌と砂糖と料理酒をぐるぐると混ぜます。

青森ランチブログ:20200611200833j:image

 

 

油断すると焦げるのでなんとなくこんな感じになったら生たまごを入れます

たまごは別で溶いたりせずに割ってそのまま入れます。

 

↓写真めっちゃぶれました。。。がこんな感じで割らずに投入。

 

青森ランチブログ:20200612105618j:image

 

たまごは事前に割って溶いておいたほうがスムーズなのか知れませんが、洗いものを増やしたくないのでこのままで十分。

青森ランチブログ:20200611200902j:image

 

手早く混ぜ合わせていきます。

焦げそうでドキドキします。

青森ランチブログ:20200611200825j:image

 

ポロポロっとした感じで美味しそうになってきました。

なんか、たまごを割らずに入れることで白身と黄身がそれぞれに火が通っていい感じになるらしいです。

青森ランチブログ:20200611200839j:image

 

写真がパッとしないのでなんか美味しそうに見えないかも知れませんが、とても香ばしくて味噌の味もしっかりと効いていてご飯に合います。

 

これはおにぎりの具としては最高なんじゃないかと思います。

 

子どもでも好き嫌いなく食べてくれそうですし。

 

ライスオンして食べてみる。

青森ランチブログ:20200611200836j:image

 

生たまごを2個使っていたのは朝食でも食べたかったからです。

おにぎりにも入れますが、熱々ご飯に乗せて食べたら美味いに決まっていますよね!!

おにぎりに入れて余ったものは朝食の白米にオンしていただきました。

めっちゃ美味くて朝からご飯おかわりしてしまいました。

 

ダイエット中なんだけどな….(汗)

 

小さいお子さんだとこういった鰹節を混ぜたおにぎりもいいですよね。

我が家でもちょいちょい作ります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました