青森市グルメブログ「鯛も一人はうまからず」

豪華な食事も1人で食べても美味しくない。身近なところにみんなで行くから美味しいんです♪

B-1グランプリ「バラ焼き」発祥の店「赤のれん」。十和田のイメージ強いですけども。。。三沢が発祥だそうです。

f:id:brachiodesign:20200823113849j:image

 

 

バラ焼きというと、B1グランプリで2014年にゴールドグランプリ受賞した「十和田バラ焼き」が有名だと思います。

むしろバラ焼きは十和田が発祥だと思う人も多いはずですが三沢が発祥だそうです。私も十和田だと思っていました。

 

 

商標登録されて揉めてるらしい。。。。

十和田の商工会議所が「バラ焼き」を商標登録して三沢市と揉めてるらしいですね。

 

そもそも、三沢には米軍基地があってアメリカン人が牛肉を食べていて、バラ肉を食べずに廃棄していたらしいです。

んで、それがもったいないので美味しく食べる方法を試行錯誤して出来上がったのがこの「赤のれんのバラ焼き」。

 

しかも、赤のれんというお店ではアルバイトは雇っていなくて、一族で経営しているのだとか。

秘伝のタレが流出しないようにってことなんでしょうね。

 

そんな背景があるのであれば、そりゃもめるわ。

 

ま、楽しくバラ焼き食べましょう!


f:id:brachiodesign:20200823113834j:image

 

着席して、バラ焼きをオーダーするとこのフライパンのような鍋が置かれます。

縁が1センチくらいあってタレとかこぼれ落ちないようになっています。

この鍋が旨さの秘訣なのかもしれませんね。


f:id:brachiodesign:20200823113843j:image

 

バラ焼定食が950円。

これって結構お得じゃないですかね?

ご飯も結構大盛りで成人男子でも十分足りるくらいなので、女性だとたぶん残します。


f:id:brachiodesign:20200823113858j:image

 

 バラ焼きが届いたらザザッと鍋に流し入るのが常連さんのやり方みたいです。

連れて行ってもらったんですが、慣れた手つきで鍋にONしてました。

かっこいい。


f:id:brachiodesign:20200823113837j:image

 

この艶やかさ。

すでに、すごく旨そうです。


f:id:brachiodesign:20200823113830j:image

 

野菜もたっぷりでこれは絶対うまい。

スープも手元にありますが、何もつけなくても十分味があってうまいです。

キムチも食べやすくてとても合います!

 

f:id:brachiodesign:20200823113854j:image

 

だいぶお腹もいっぱいになってきているものの、まだたくさんお肉があります。

かなり煮詰まってきている感じで玉ねぎに味が染み込んでめちゃうまです。


f:id:brachiodesign:20200823113846j:image

コロナの影響で客足が落ちたみたいですが、それでもこの日はほぼ満席でした。

地元のおじいちゃんぽい人が昼からビール飲みながら楽しんでました。

うらやましいい!!

f:id:brachiodesign:20200823113901j:image

 

 

君乃家さんの牛バラ焼きもかなりうまいです。

青森市内のスーパーなどに君乃家さんのモツが結構並んでいて好んで食べていますが、この牛バラ焼きはネットでも購入できるので興味のある方はぜひともお試しください。

 

 

 

バラ焼き発祥の店 赤のれん

住所 青森県三沢市中央町2丁目1−23
電話番号 0176-53-3333
営業時間 11時00分~22時00分
定休

火曜・水曜

※コロナの影響でもしかすると休んでいる時もあるかもしれません。