- 現在サイトメンテナンス中です -

【開栓注意】『七力ななかすみ』プシュー!!っと溢れまくった珍しいお酒

青森市内にある7つのお店でしか購入することができない青森の地酒「七力(しちりき)」。
だいぶ知名度も高くなりご存知の方も多くなっている気がしますが、そんな日本酒七力の新商品となる「純米吟醸 七力 ななかすみ ver.SUMMER」が販売されています。

720ml 1,650円(税込)なので比較的買いやすいお値段かと思います。

瓶内二次発酵でガスが満ち満ちしています。

「七力 ななかすみ」はこんなお酒

日本酒は日本酒なんですが、なんというか動きはシャンパンのように見えます。(変な表現してますが、次で説明します。)

味は七力のフルーティさはあまり感じることはなく、どちらかというと昔ながらの深みのある日本酒にスパークリングな要素がプラスしたお酒です。

見た感じは甘酒のように見えるので、甘さがあると脳が判断するかもしれませんが甘さはほとんどありませんでした。(個人評価ですが)

なので、見た目的には女性にもウケそうな感じはありますが、なかなかの玄人好みのように感じます。

メントスコーラか!「七力ななかすみ」の泡の威力!

伝わりますかね。。。泡が襲いかかる感じ。

伝わりませんよねw

開栓しようと蓋をひねるとプシュ!!!という音とともに泡がどんどん上がってきます!

あらかじめ下記の投稿を見ていたので慎重に、そして覚悟していたんですが・・・

ななの会「酒のタカハシ」さんのLINE公式アカウントより

皆さん、よーくよーく冷やして、瓶は振らずにゆっくり開栓してシュワーっとお酒が上がってきたら栓を閉める。これを何度も繰り返してください。

https://timeline.line.me/user/_dYzb_sB-5ogZxweW1Qxe7CP3whcmKPHf_1U9NsE?utm_medium=osx&utm_source=desktop&utm_campaign=OA_Profile

そんな大袈裟な!と思っていましたがどんでもありませんでした。

何度も繰り返してください。

と書いている通り何度も繰り返さないとダメだと思います。

私も何度も繰り返した(たぶん4回くらい)んですが、早く飲みたい想いで痺れを切らして一気に開封しようとしたら「プシューーーー!!!」と吹き出して慌てて口で瓶の口をふさいだもののつぎつぎ込み上げてくる泡にやられました。

一瞬あきらめてテーブルに溢れさせてる間に口の中のお酒を飲み込んで、また瓶の口を覆うように口で押さえ込んでなんとか凌ぎました。

こんなにいつまでも溢れ出てくるのは初めて。

よく冷やしてというのが肝心なのかな。

青森の地酒「七力(しちりき)」購入場所は7店のみ。「ななの会」でしか買えない銘酒

この七力ですが青森市内の7つのお店でしか買うことができません。この7つのお店で構成されている「ななの会」のメンバーのお店でしか買えないわけですね。

七力が購入できる「ななの会」のお店はこちら

  1. 関太郎商店:青森市浅虫字蛍谷38
  2. リカータカハシ :青森市幸畑1丁目20-13
  3. 山形酒店:青森市花園2丁目22-3
  4. Kマートかさい:青森市造道2丁目6-21
  5. 酒のなかむら :青森市青柳1丁目12-3
  6. かめや酒店:青森市中央1丁目26-22
  7. えびな酒店:青森市篠田3丁目1-22

今回『七力ななかすみ』を購入した「かめや酒店」さん

青森市役所近くにある「かめや酒店」さんも「ななの会」の会員なので七力を販売しているお店の一つです。
とても気さくに話してくださるおば様が対応してくれました。

「冷やしてゆっくりと開けないとプシューって吹き出すからね〜!」と教えてくれました。

この言葉をしっかり心に刻んでいれば悲劇はなかったのに(泣)

店内にはさまざまなお酒がディスプレイされていてとても洗練されたおしゃれな雰囲気を味わえます。
青森にもこんないいお店あるんだな〜と感じました。

七力の記事は以前も書いていますので参考までにどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です