青森市グルメブログ「鯛も一人はうまからず」

豪華な食事も1人で食べても美味しくない。身近なところにみんなで行くから美味しいんです♪

アスパム脇に来ている出張牡蠣小屋がもうちょいだった話。

f:id:brachiodesign:20201105232522j:image

 

以前、松島で牡蠣を食べた時に最高な体験をできたので、出張牡蠣小屋が青森市のアスパムに来ていると聞いて超超期待しながら行ったらもうちょいでした。。。。

期間限定のアルバイトなのか接客がいまいちで、味とかはおいといてあまり良い感じはしませんでした。。。

 

↓比べるものではないだろうけど、この時の牡蠣は美味かったな〜。。。。

 

www.aomori.life

 


f:id:brachiodesign:20201105232549j:image

 

寒いのもありましたし、コロナの関係なのかお客さんの入り具合は2割ぐらいでしょうか。

19:00過ぎからちょいちょい人が入り始めましたが19:30にはラストオーダーになったので、この人たちは味わえたのかしら?

 

焼く時間もあるので意外と食べられないもんだなと思います。


f:id:brachiodesign:20201105232535j:image

 

こちら石巻産600円とビール500円。

 

お〜〜!!!これは安い!!!!と思い試しに石巻産に。

このほかに、岩手産と広島産がありましたがどちらも1200円で同じ量だったので一旦様子見。


f:id:brachiodesign:20201105232540j:image

 

炭で焼くはいいですよね。

片面を3分くらい焼いて裏返して3分。

f:id:brachiodesign:20201105232526j:image

 

食べるまで意外と時間かかります。

ぎっしり網に盛って焼いて効率アップしないと追いつきませんw


f:id:brachiodesign:20201105232545j:image

 

 

焼き上がりを見て、、、、

 

ち、ち、小さい、、、、

 

こんなもんだっけ?牡蠣って???と思いながら食べましたが、600円だし、まあいいかと思いました。

安いもんね。

焼いたら結構縮むもんだろうね。

f:id:brachiodesign:20201105232517j:image

 

試しに、広島産と岩手産を買ってみましたが、食べる実の大きさはあまり変わらず。

ただ、広島産はだいぶクリーミーな感じがしました。

 

岩手産のものは石巻産のものが大きくなった感じで味は似てるよ!とお店の方が言ってました。

 

安いな〜と思って気軽に食べてましたがお酒も飲んでというのをプラスして、トータルで結局6000円くらい使ってたようで、なんだか不完全燃焼でした。

こまめにレジに買いに行くのも面倒で、、、、、あ〜〜〜〜なんか期待してたほどでもなかったかも。。。。。

 

出張カキ小屋「牡蠣奉行」とは?

ご存じない方もいると思うので公式サイトから引用。全国各地に出没しているのであなたのお近くにも現れるかも。

「牡蠣奉行」は、旬の牡蠣を産地から全国へ直送し、屋外の特設会場で楽しんでいただける出張カキ小屋です。 東日本大震災の後、風評被害に遭った宮城県石巻の牡蠣を多くの人に食べてほしいとの思いから、出張カキ小屋は始まりました。 「牡蠣奉行」では産地直送の殻付き牡蠣を、会場に設置したバーベキューコンロで焼きながら食べていただけます。ジュージュー焼ける音と磯の香りに包まれて、焼き上がったプリップリの牡蠣を頬張れば、まるで東北の漁港で味わっているような感動が…。お客さまにリピーターが多いのも頷けます。 東北の牡蠣は全国どこの会場でも大好評で、冬季限定の人気イベントとして話題となりメディアでも多く取り上げられています。

出張カキ小屋「牡蠣奉行」とは | 出張カキ小屋「牡蠣奉行」/復興支援事業として東北石巻の牡蠣を中心に全国でカキ小屋を展開しています。

出張カキ小屋「牡蠣奉行」in 青森県観光物産館アスパム駐車場内

開催期間 2020年10月30日~11月15日
営業時間 11:00〜20:00(L.O.19:30)
住所 030-0803 青森県青森市安方1丁目1-40